お風呂好きのルーツ

shawa-日本国内にはいたるところに温泉があります。伊豆の地名の元となった言葉は“湯出(ユイズル)”だそうで、湯河原はお湯の淀む川原の意味なんだそうですよ。日本人は昔から温泉や石風呂と呼ばれる自然の蒸気風呂などに好んで入浴してたらしいんですが、そもそもお風呂というのは中国から仏教と共に伝わってきたものだそうではじめから日本にあった文化ではないみたいなんです。でも、今では何処の国よりお風呂好き・温泉好きで有名になっていますよね。仏教では「お風呂に入ることは七病を除き七福をえられる」と説かれていたことから[お風呂=健康]の図式が生まれたと言われています。以来お寺などでお風呂というのは大切な業とされ、浴場を備えられるようになりました。当時は当然民家にはお風呂なんてなかったんですけど、庶民にも入浴を施したことから“お風呂に入る”という習慣が生まれたんだそうです。また、江戸時代まで“お風呂”と“湯”は区別されていてお風呂は釜にお湯を沸かしてその蒸気を浴槽内に送り込み垢を浮き上がらせて適当な時間に外に出て笹の葉などで垢を落としてから別に用意されたぬるま湯や冷水に浸かって身体を十分洗うというもののことを指していて、“湯”というのが現代のお風呂や銭湯のようなものを指していたんだそうですよ。また、銭湯ができた当初は混浴しかなかったんだそうな。その混浴しかないっていう状態は明治時代まで続いてたらしいです。ちなみに銭湯と同時期ぐらいにでてきたものが“薬湯”で、それ専門の銭湯も多く存在していたみたいですよ。

日帰り温泉も人気

onsen

長期休暇に各地の温泉を巡るのが趣味になりつつあるのですが、今度は友人に紹介された審美歯科が近くにある大阪の某温泉地に行ってみたいと思います。

さて、温泉といえば宿を取って泊まりがけでゆったりと過ごしたいという人が多いのですが日帰りの温泉も中々に人気が高いのですよ。温泉の効能というのは、何度も通う事でより発揮されやすくなるものなのだそうです。けれど泊りがけで計画を立ててしまうと精々2、3日滞在するのが限界のはず。そう度々旅行ができるほど誰もが暇ではないでしょうし費用もかかってしまいます。それに温泉の成分によっては短期間に何度も入る事が禁じられてるところもあります。なのではじめから比較的近場の温泉に行き、偶の休日にだけでも良いから通った方が効率がいいと思うんです。

日帰りの温泉で一番考慮すべきなのは時間配分ではないかと思います。大抵の場合朝から行動を開始して現地でぎりぎりまでゆったり過ごす事になるはず。ですから休日は丸々潰れてしまいますけれど、温泉好きの人にとってはそれだけの価値はあるのです。

ただ、温泉に着くまでの距離と時間を事前にきちんと調査しておかなければ折角現地に到着してもゆっくりできず慌しく帰宅することになってしまうので疲れが取れるどころか倍増してしまうでしょうけれど...。温泉の効能をしっかりと体感しようと思うのなら精神的にもリラックスする必要があるので、時間だけは絶対に調べておきましょうね。

あとは目星を付けた温泉地の口コミは絶対に読んでおくようにしましょう。前もってそれぞれの施設のメリット、デメリットを調査しておけば適当に選んだ施設で失敗してしまう事もなく有意義な休日を送る事ができるはずです。温泉というのは密集している事が多いですから近くにいくつもあるもの。その中でも自分の身体の症状に合った温泉や特に評判の良いところに行きたいものです。

旅館でのマナー

温泉といえば旅館が付き物。ホテルだとちょっと雰囲気でなくて残念な気持ちになってしまいます。...ま、そんなん一時的なもんでしかないんですけどね。温泉入ったり美味しいご飯食べれたらあとは特に文句とか無いですから。旅行できるとかもうそれだけで十分です。

と、あぁすいません話が反れてしまいましたね。えーっと、そうそう旅館ですよ。温泉の人気を図る際には旅館の良し悪しも評価に含まれていることが多いですよね。旅館ってホテルと違って同じところに泊まってる人とかスタッフさんと交流する機会が多いんです。だから、なるべく他人に迷惑をかけることなく楽しい時間を過ごすためにもルールを守って行動しないといけないんです。

旅館というのはホテルと違ってお客さんのタイムスケジュールに合わせてお料理の用意やお出迎えなどのお仕事を行ってくれるんです。だから例えば予定の時間を大幅に遅れて到着したりするとスタッフさんに多大な迷惑をかけてしまうことになります。どうしても仕方の無い理由があって遅れてしまう、もしくは早く到着してしまうという時には必ず事前に連絡をいれましょう。

お部屋は当然和室です。和室というのは昔から色々マナーがあるのですが、基本的なものを一つあげるとするならば“座る位置”には気をつけましょう。床の間に近い上座に座るのは必ず年長者か男性です。男女差別とかレディーファーストとかこの際は気にしちゃダメですよ?「郷に入っては郷に従え」ってね。古くからあるマナーですから。tokonoma

それから、ホテルではNGとされている“部屋に用意されている浴衣で廊下を歩く”。これは旅館の場合別にマナー違反にはならないそうです。

あとは、「心づけ」...まぁ要はチップのことですね。これを気前良く出すことに憧れているという人が意外と多いようなんです。ですけど、業務外の特別なお願いを聞いてくださった場合は兎も角として、基本的には無しの方向で。むやみやたらと渡しまくるのも嫌味に見えるし失礼ですよ。向こうもお仕事なんですから。

これくらいでしょうかね?浴場でのマナーについては前回お話した通りです。

温泉マナー

温泉そのものの効能や評判は広まっていても温泉に関する正しいマナーはいまいち浸透していないのではないでしょうか?

温泉に入る機会の少ない年代の子供達や海外からの観光客の方なんかは特に。

観光客の場合はガイドさんがその都度細かいルールやマナーを説明してくれますが、子供達には私たち大人がきちんと教えてあげて未来に繋いでいかなくてはいけません。

osieruしかしマナーなんて概念を持つ子供は少ないでしょう。

難しい決まりごとを覚えるよりもプールみたいな大きなお風呂に楽しく入る事を優先してしまいがちかと思います。

はしゃぐ子供に言葉で教えるのは大変ですし根気も必要です。

子供は大抵親や他の大人を真似ていろんな知識を吸収します。

勿論補足説明は必要ですし間違っていることをしたら言葉で注意しなくてはいけませんが基本的には実際に一緒に入って正しい作法を見せてあげればそれでいいかと思います。

けれども実際に私たちの知っているマナーは本当に正しいと胸を張って言えるんでしょうか?

もしかしたらテレビや何かの影響で間違った知識を持っているかも...。自信がない人も多い筈です。

そんな人はここで改めて温泉の正しいマナーを確認してみましょう。

「温泉に関する基本的なマナー」

・タオルを巻いて湯船に入らない。

・湯船に入る前には体を清めましょう。

・飛び込まない!潜らない!

・脱衣所に上がる前にある程度体を拭いておく。

・使ったものは片付ける。

・飲酒後には入らない。(中で飲まない)

・長い髪は縛る

・先に入っている人に挨拶する。

当たり前のことだと知っていることもあれば意外に知らない、もしくはできてなかったというものもあるかもしれませんね。

温泉は公共の場です。せっかく癒されに来ていても、誰か一人が迷惑な行動を取ってしまえば楽しい旅行が台無しです。

ルールを守ってみんなで楽しく入りましょう。

外国人と温泉

a0002_002838

最近は外国人にも温泉が人気になってきているようですね。温泉といえば日本ならではのものと思いがちですが、海外旅行に行った際にも温泉に入ってきたという話を耳にします。海外にもヨーロッパを中心に歴史のある数多くの温泉が点在するのです。日本のように温泉としてつくったものではなく、広大な敷地や海岸に温泉が湧き出たという感じのものが多いようで、実際には日本の温泉ほど温度も高くなく、ぬるま湯のようなな感じみたいですね。そんな場所にあるという理由からか生活習慣からか海外の温泉では水着着用のところがほとんどです。

もともと日本では親子で一緒にお風呂というのがコミュニケーション手段のひとつと考えられていますよね。バスタブにつかる習慣のない外国ではまずそれがありません。親子で一緒に裸になってお風呂に入るという習慣がないのです。そんな生活の中、公共の場で裸になって知らない人とお風呂にはいるというのはとんでもないことで、やはり最初は戸惑ってしまいますよね。

日本に住んでいる外国人の中にはすでに日本の生活に慣れ公共の場で温泉に入ることに抵抗はなくなってきている人も多いと思いますが、近い将来、海外の温泉も裸で入るという日本の文化をとりいれていくのでしょうか?(^^)

世界の温泉

どこの温泉に行こうか迷ったら、温泉のランキングや温泉の口コミなどのサイトを参考にしてみるのがいいですよ。温泉は日帰りでも十分楽しめるようですし、日帰りにして、回数を行くというのもいいですよね。日本では、温泉というのは、ゆっくりつかって、癒される娯楽といった位置づけですが、海外では違うようですね。海外では、医療目的で温泉を利用しているところが多いようです。日本でもそういった場合もありますが、ほとんどは、リラックスを目的としているのではないでしょうか?また、ヨーロッパでは、温泉は入るものでなくて、飲むものなんだそうですよ。実は、エビアンなんかも温泉からできているそうなんですよね。もともとは、入っていたそうなんですが、ヨーロッパの温泉は、あまり温度も高くなく、量も少ないので、ゆっくりつかるといったように発展はしなかったようです。しかし、水道水などがあまりキレイではないようですので、かわりに温泉を飲んでみたら、効能も感じれて人気になったといったかんじのようですよ。飲泉場や飲泉バーなどもあるくらいなんだそうです。だからといって、まったく温泉に入らないわけではないようですよ。しかし、日本のようにゆっくり、じっくり、裸でつかるのではなく、大体が水着の着用を義務づけられていて、温水プールのような感覚なんだそうですよ。なので、ヨーロッパでは、温泉でも泳いだりしていいんだそうです。日本では、泳いだりしたら、周りの人に白い目でみられていましますよね。

口コミで評判のよい九州の温泉

今まで、温泉に行くなら旅館に宿泊して、美味しい料理や街並みも堪能するのがいいと思っていましたが、温泉の日帰りというのもアリですよね。最近では、温泉とランチとお部屋での休憩といったセットの日帰りプランなんかも充実してきているようです。近場に温泉があるようなら、そういったかたちで楽しむのもアリですよね。いよいよ最後になってしまいましたが、九州の口コミで評判の温泉を紹介していきたいと思います。大分の湯布院が人気のようですね。温泉といえば、湯布院や箱根といったかたちで、すぐに名前があがる湯布院温泉ですが、自然も素晴らしく、食事もおいしいといった口コミがよせられていますね。また、景色がいいので、露天風呂人気が高いようです。秋から冬にかけては、朝霧に包まれるといった幻想的な景色を見ることもできるようですよ。それに、他の温泉地と比べると、宿泊施設の敷地が広いところが多いようで、プライベート感が楽しめるといったことも人気のひとつのようです。趣のある温泉街もあり、女性からの口コミが多く、評価の高いようですね。また、少し離れたところに、これまた有名な別府があるので、両方楽しむのがお勧めのようですよ。別府八湯といって8つの温泉からなりたっている別府温泉郷は、それぞれに泉質や効能が違うようですので、いろいろと試してみるのがいいようです。温泉のはいり比べですね。他にも九州には、熊本の黒川や鹿児島の指宿や霧島といった温泉が口コミで評判のようですよ。

入浴剤の口コミ

下呂や箱根、登別といった温泉には頻繁にいけないので、最近は入浴剤に凝っています。入浴剤にも下呂や箱根といったものがありますよね。個人的には、入浴剤ならではの泡風呂などが好きでよく利用しています。入浴剤もいろいろと種類があるので、選ぶのも楽しいですよね。入浴剤を選ぶ時は、どういった効果を得たいかによって選ぶのもいいと思います。冷え性改善には、保温効果の高い、無機塩類系入浴剤や温泉系入浴剤、炭酸ガス系入浴剤といったもので、乾燥を防ぎたいなら、保湿系の入浴剤、美肌効果を得たいなら、美肌系入浴剤や酵素系入浴剤で、ダイエットなどが目的ならデトックス系の入浴剤を選ぶのがいいようですよ。また、お菓子や食べ物のかたちをした入浴剤やなかからおみくじなどがでてくる入浴剤など、かわりだねもたくさんあり、楽しめますよね。そんな中でも、リーズナブルで飽きがこないとして口コミが多いのは、ツムラの日本の名湯やきき湯、花王のバブなどですね。個人的にはクナイプもかなり好きなんですが、他と比べるとちょっと値段があがりますよね。種類も豊富ですので、こういった症状の時は、このクナイプといったかたちで使い分けるのが理想なんですがね。ツムラの日本の名湯は、手軽に、登別カルルスや箱根奥湯本、湯布院や龍神といった名湯を日替わりで楽しめるのがいいですよね。また、花王のバブは、炭酸がシュワシュワとでていかにも効きそうな感じがいいと口コミで票を集めているようです。

口コミで評判のよい中国・四国の温泉

中国・四国で口コミで評判よい温泉といえば、愛媛の道後ですね。日本最古の温泉のひとつで、3000年以上の歴史をもっているそうです。国の重要文化財に指定された道後温泉本館は、千と千尋の神隠しや夏目漱石の小説、坊ちゃんのモデルとなり、有名ですよね。また、道後温泉本館は、料金システムが少しかわっているようで、温泉後にくつろげる場所がかわってくるそうです。本館を中心に趣のある街並みを浴衣姿で楽しむというのがお勧めなようですよ。島根では、玉造が、昔から美人の湯として有名なんだそうです。出雲国風土記にも登場する温泉で、薬湯ともよばれているそうですよ。また、鳥取の三朝は、源氏ゆかりの伝説の古湯として人気がありますし、山口の湯田には、白狐伝説があるそうです。それに、岡山の湯郷は、美作三湯のひとつで、美肌作りの湯として有名なんだそうですよ。美人の湯や美肌作りの湯というのは、よくあるようですが、やはりこのネーミングは女性には、惹かれるものがありますよね。温泉に行くなら、そういったところに行きたいと思ってしまいませんか?温泉のほとんどが湯あがりは、お肌がしっとりスベスベになるようですが、美人の湯や美肌作りの湯は、それ以上の効果があるということですよね。近くにそう呼ばれている温泉があれば、頻繁に通うのですが、ないので残念です。温泉、好きなんですが、私にとってはそうそう行けるようなものではないので、最近は入浴剤に凝り始めました。入浴剤の口コミなんかも調べていますよ。

口コミで評判のよい近畿・北陸の温泉

近畿・北陸で口コミで評判のよい温泉といえば、有名なのは、兵庫の有馬や和歌山の白浜でしょう。有馬は、豊臣秀吉や千利休も愛した温泉として有名ですよね。赤褐色に濁っている独特な温泉が有名で、タオルも染まるなどの口コミが寄せられているようです。また、薬泉といわれるほどの効能があるようですし、三古泉、三名泉のひとつとして、人気がありますね。また、白浜も有馬と同じく、三古泉として人気があります。万葉集にも登場する白浜温泉は、泉質もよいと口コミが多いようです。また、5月ごろから海水浴などが楽しめるほど温暖な気候なので、ダイビングなどのマリンスポーツを楽しめるのが魅力のひとつのようです。また、アドベンチャーワールドなどのレジャー施設も多いようで、カップルやファミリーに大人気なんだそうですよ。周辺のお宿の口コミもいいものが多いですね。兵庫、和歌山には他にもいい温泉がありますが、石川にも紹介したい温泉があります。それは、和倉です。和倉は、傷ついた白鷺が羽を休めたとされているようで人気です。能登観光の拠点としても便利なんだそうですよ。また、同じく石川の山代は、からすの湯と呼ばれていて、傷口を温泉で癒している鳥がいたとされているそうですよ。温泉には、このように、鳥や狐などが傷をいやしたといったような伝説が多いようですね。それほど、温泉の効能というのは素晴らしいということでしょう。治療のために温泉に入る人もいるくらいですからね。